お寿司屋さんに入店する前に知っておきたいマナー

サイトマップ

トップバナー

お寿司屋さんでのマナー

海外でも人気

多くの人が寿司を食べに行きますが、国民的に考えても、日本人は寿司を好む人が多い です。なので、回転寿司の店舗がたくさんでき、さまざまなチェーン店も、増えていま す。また日本だけでなく寿司は海外でも人気なものとなります。

そして、ヘルシーなので日本観光にきた外国人も、本場の日本でお寿司を口にして喜ぶ人が沢山います。世界中にあちこちお寿司屋さんがあるので、世界中で広く人気があるものとなりました。そして、お寿司屋さんと言えば、少し前は、回転寿司は今のように有名ではなかったので、普通のお寿司屋さんのほうが代表的でした。

お寿司屋さんでの食事のマナー

沢山ある飲食店の中でも沢山の影響がある部類に入るので、気軽に食せるほどリーズナブルではなかったのです。その中には、「一見さんお断り」というような店舗もある、お客が選択されるケースも実際に存在しました。今はそういった、店舗は存在しているようですが、店舗数はどうやっても回転寿司のほうが沢山ありますよね。

だけど、都内を筆頭に、高級なお寿司屋さんが顕在する中で、こういった、お寿司屋さんで食事をするときには、マナーが決められていました。例を挙げるならば、お寿司屋さんで、自分の知恵を自慢しないこともありえますよね。自分の舌に自信のあるお客も、もちろん存在するでしょうし、沢山のグルメを食べなれウンチクを喋りたい方も存在するでしょう。

経験を話すことはしない

板前さん

回転寿司ではないお店では、カウンター越しに職人への話がまる聞こえなので、お寿司屋で経験を話すことはしない方よいです。出されたお寿司に対し経験を語るなどはダメなどは、ぜったいしてはダメです。そして、魚について物をイメージを、自分がどれほどの知識があるのか自慢したりよく来ているかのような話はやめましょう。

寿司職人は、魚のスペシャリストで、寿司のスペシャリストでもあるので、中途半端な経験を自慢されてもとても困ります。生意気なお客には、美味しいものを作りたい気持ちもわいてきません。そして、隣の人が美味しく食べている中、経験をしたと言われたら、嫌な気持ちになりますよね。 故に、回転寿司だとしたら、前に職人がわけでないし、にぎやかな所が多いので、好きなだけ自慢話をするのがよいと思います。

ポイントイラストマナーとして控えておきたい所

だけど、通常のお寿司屋では、マナーとして控えておきたい所ではあります。とはいいますが、美味しくないお寿司にお世辞を言われるのが良いいう訳ではないのです。おいしと思えば、素直な気持ちを述べれば良いし、自分の舌に合わないと思えば、もうオーダーを控えればよいのです。

隣が不快な気持ちにならないようにすることが、お寿司屋で大切なこととなります。回転寿司なら、 全て、食さずに残せば良いし、一皿、二皿、食べたら、店を後にすれば大丈夫です。私も、実際 、回転寿司で、口に合わないと感じたことがあります。店の人も口に合わなかった、もしくは自分に非があると思うだけですので、 お客のあなたが気を遣う必要はどこにもないのです。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識