誰もが知りたかった回転寿司屋さんの歴史がここにある

サイトマップ

トップバナー

回転寿司屋さんの歴史

昔ながらのお手軽さ

生の魚は腐りやすいことが難点でしたが、冷蔵庫が出回り、鮮魚を手に入れるツールも向上し、新鮮な魚が世の中に出てくるようになりました。そうなってくると、新鮮な魚や貴重な魚が高額で取引され、お寿司も庶民の間食で食されていたものから、高級食材となってしまいました。 白石さんは、そのようなお寿司に対し、昔ながらのお手軽さを取り戻したいと、手軽な店舗を誕生させたそうです。

立ち食いなので、もちろん、椅子は存在しません。立ち食い店舗の中には、カウンターだけが存在し、オーダーをすると、ファーストフードのように素早く、お寿司が出されます。お客も、それを早く食し、長居はせず、満腹になれば、すぐに帰宅するという方法で、お店の回転率をあげたようです。 平均し、15分ほどでお客さんは食べ終わって帰宅するということですので、本当にスピードが命なのです。

半セルフサービスの店舗

ファーストフードほどの出てくる早さ、その手軽さ故に、お寿司の印象を変更したのでした。そんな立ち食い店舗を営業していた白石さんは、ビール製造工場で使用されてた、ベルトコンベアを拝見し、回転寿司の寿司を流す設定を発明したようです。店舗は人件費がかかるので、どうやっても値段が高くなるので、半セルフサービスの店舗を作るという目標で生み出されました。

沢山のお客さんのオーダーを、効率よく、そして、リーズナブルに出来るように作成されたのがとなります。実際に、昔からの寿司職人は、さばけるお客の人数もそれほど多くはないですよね。

元禄寿司

職人が手におえるお客の数は少なく、普通の店舗は、お店はそこまで広くは作成されていませんよね。今の回転寿司の店舗は、場所がとても沢山あるので、そこに入る沢山のお客を、寿司職人が全てさばこうとしたら、一体何人の職人が必要となるのか想像がつきません。

機械を使用しお寿司を流すことで、人手をかけずに、沢山のお客に提供することを可能にしたものが、あの機械になります。当時は機械を「コンベヤ旋廻食事台」という名前で編み出しました。 よって、1958年に大阪の近鉄布施駅北口で、回転寿司として「元禄寿司」を回転させました。 これが回転寿司の第一号です。

ポイントイラストお寿司をリーズナブルに
高級感のイメージ

そして、お寿司というものは、高級な物であり、庶民の食べ物ではないですよね。お祝いの場や、何かと会合などお寿司が出品されますが、ご飯で気楽にお寿司を食すということは滅多になかったです。そして、ネタが安いお寿司もあるので、巻物はリーズナブルなので、生物の寿司の中にはリーズナブルなお寿司もあり、一般庶民は中々カウンターでお寿司を食べる機会もないです。

ここで、回転寿司の出番です。お寿司をリーズナブルにし、安心して一般庶 民が食せるように、考案されました。時価などという値段の設定は昔から勿論、ないですが、お皿の色で設 定値段が違っているので安心して食すことが可能となります。そして、今は、全てのお皿が100円となっ ている回転寿司もあります。特に関西地区は100円均一という回転寿司が多い気がします。関東のほうは最低価格が100円でそれ以上の 皿も多くある、というパターンが多いようです。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識