どの位の時間レーンにあるかは解凍や衛生面を考えて流れている

サイトマップ

トップバナー

どれ位の時間流れているのか

凍っているネタ

日本人には心が広い人が多いので、回転寿司でネタが少し、凍っていたほどで文句を言う人も、あまりいませんよね。私も、度々そのようなネタにあったったときがありますが、別にクレームを言わず、苦笑いしながら口に運びます。そして、思ってたより、集中してそのネタが出てしまうと、やっぱり、解凍が間に合わないです。

マグロ好きな人がたくさん来てしまったとか、そのような場合もたまにはあるはずです。凍っていても、レーンで、お寿司が流すと、回答される場合も存在しますが、運悪く、半解凍のお寿司をとってしまう場合もあります。その時、食べたら、予想していたよりもひんやりと冷たく、びっくりしてしまいます。

気になる人が多い疑問

そして、一番、気になる人が多いのは、「回転寿司のお寿司が、どれくらいの時間、流れ続けているのか」ということじゃないでしょうか。ずっと流れているものは食べたくないし、何時間も流れて乾燥しているものは、とてもじゃないですよね。回転寿司のお寿司は、どれくらいの時間、流れたら廃棄となるのでしょうか?

この問題は、正直、店舗によって決め事が違いますので、結論として何分、何時間で廃棄となると、明確には出来ません。チェーン店では、そのチェーン店のルールが存在し、勿論、ネタも長持ちするもの、しないものによってそのルールは変化してくるでしょう。30分ほどで破棄しているという店舗も存在するようですが、実際にそうしていたら膨大な廃棄が出ます。

回転寿司の歴史も知りましょう

寿司を持つ子供

今となっては、どの地域にも当たり前のように店舗を出している回転寿司。ふつうのお寿司屋さんより、回転寿司のほうが店舗は沢山ある気がしますよね。リーズナブルな回転寿司が増えると、昔ながらのお寿司屋さんも経営が大変となっていくことでしょう。その中には、廃業に追い込まれてしまい店舗も少なくはないようです。

時代の流れなので、しょうがないことなのかもしれません。現代の子どもにしてみれば、お寿司と言えば、一番最初に回転寿司を思い浮かべるでしょう。通常のお寿司屋さんを知らずに成長している子供が多いのかもしれませんね。これほどまでに、当たり前のように、回転寿司が沢山あるのですが、あなた方は、回転寿司が、どれほど前から出てきたのか知ってますか?

ポイントイラスト回転寿司は50年以上も前に誕生
ガッツポーズの板前

回転寿司は今より、大体50年以上も前に誕生しました。大阪で有名な立ち食い寿司店を営業していた白石さんが、回転寿司を開発した張本人です。お寿司は、回転寿司が誕生する、少し前までは、高級なご飯ですが、本当は、そのもっと前は、リーズナブルな値段で口に運ぶことが可能となりました。

高級料理に発展するまでは、今の回転寿司のようなファーストフード的な存在であったと言えます。 前は冷蔵技術も存在しないので、腐りやすい魚を、塩や酢でしめたり、米に酢を混ぜたりして、 長持ちが可能となるように工夫していました。これを、昔は、間食として食していました。 そのお寿司が、高級料理と変化したのは、大体1950年代だと言われてます。 それまでは今よりもはるかに庶民の食事だったのが寿司なのです。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識