大事な原価率と人件費の関係

サイトマップ

トップバナー

原価率も大事

人件費なども必要不可欠

回転寿司を営業するには、原価率も大事となりますが、その他、店舗の維持費や、人件費なども必要不可欠となります。なので、寿司を握る機械を使用している店舗は、人件費がその分、浮くので、値段も更にリーズナブルとなります。

逆に、寿司職人を雇用している回転寿司も存在しますが、その店舗はその分、値段は少し高くになっている事でしょう。これをふまえて、回転寿司が稼げるか稼げないかといえば、それはその店舗の工夫次第で変化していくでしょう。カウンターが存在する、歴代のお寿司屋などは、機械も使用せず、ネタを輸入してないので、多くの量を手に入れることはせず、コストが負担となる分、値段が高いのです。

職人さんが作ったもの

お寿司に機械を使用している回転寿司がたくさんある中、職人さんが握ってくれる回転寿司も存在します。私がよく足を運ぶ店舗は、職人さんが3人ほど、常に働いていて、注文をするとすぐ握ってくれますが、普通のお寿司屋とさほど変わりません。そこは、さすがに100円では食べられませんが、出来立てでおいしいですし、やはりロボットより職人さんが作ったものを食べたいので、そのお店に通っています。

こういいますが、回転寿司に働いている職人さんが、修行を積み重ねたプロの寿司職人さんかどうかは判断できません。一体、どれくらいの期間で一人前の職人となるのでしょうか?これに関しては、本当は、アルバイトでも、見た目の案を出すくらいなら、すぐ可能になるようです。

アルバイト

盛りつけた寿司

そして、アルバイトに握らせている回転寿司も、最近は増えてきました。そして、ロボットが握った、シャリにネタをのせるだけなら、アルバイトでも、誰でも可能ですが、シャリを職人のように作るのは困難です。更に、力を入れすぎず、柔らかすぎず、口の中にいれると、ちょうどよくほぐれるような、シャリを握れるまでは修業を積まなければなりません。

実際、寿司職人を雇用するかで、人件費が膨大変化するので、そのようなことが値段にも出てきているようです。100円のお寿司なら、ロボットでも「まぁいいか」と妥協も必要となります。そして、人件費と言えば、回転寿司では、大量に出る使用済みの洗い物の仕事が存在します。

他にもある同じような症状
皿と湯飲み

普通のレストランだと、1人、数枚のお皿を使用しますが、回転寿司では、お客さん1人が使用するお皿の量がとても多いのです。1人で使用するお皿は、何十枚ともなるので、お皿を洗う労働力はかなりなものとなるでしょう。たくさんのお皿ですが、回転寿司では、どういった洗浄方法を使っているのか、考えたことはありますか?

人件費をカットするために、大体の回転寿司では、機械を使用しています。洗ってから、乾燥まで、すべて機械を 使用するので、たくさんのお皿も一瞬できれいになることでしょう。こうして、人件費 を多く使用せず済むように可能な限り機械を使用し、人件費を大幅カットすることも、お寿司をリーズナブル にする策でしょう。そして店舗の努力により、私たちは、おいしくリーズナブルなお寿司を食すことが 可能となったのです。どの世界もそうですが、回転寿司業界においても人件費というのは本当に 大きなウェイトを占めるのです。この部分をどこまで減らせるかでお寿司の値段も変わってくるといってもよいです。 みえない部分にまで費用を突っ込んで下げていく努力を行っているのです。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識