様々な経営難を乗り越え広がる回転寿司屋さん

サイトマップ

トップバナー

広がる回転寿司屋さん

いつでも食べれる回転寿司

これをご覧の方は、回転寿司がお好きだと思います。前は、店舗数がとても少なく、あまり目にしない回転寿司でしたが、現代は、様々ところに色々な店舗が存在します。栄えた所にもたくさん店舗があるし、あまり離れてないところに、何件かの回転寿司があると、どの店舗に入ろうと悩む方もいると思います。

更に、駅周辺や駅構内にまで回転寿司があり、いつでも食べれる回転寿司になりました。 公務員の人など、勤務の休憩でさっと食事を終わらせたい人には、よく選ばれるものだと思います。 電車を乗り継ぐとき、あいた時間などで、駅の中の回転寿司を選べば、さっと食べれるので、かなり重宝されていることでしょう。

ちゃんと店舗で食べたいもの

そして、このように回転寿司が出てくるまでは、お寿司など気楽に店舗で口にすることが出来なかったと思います。カウンターで食すなら、どれくらいの金額になるのかなど、旅行先でも心配で入店することが難しかった人もいると思います。値段が「時価」とお寿司もあるので、「初入店のお店で支払のときにびっくりした」という話もよく耳にします。回転寿司が多くできる前は、安いお寿司を食したければ、スーパーでパック売りのお寿司を買って食べるしか方法がなかったのです。

だけど、スーパーのお寿司は店舗で食すものと全く味が異なるので、やっぱりちゃ んと店舗で食べたいものです。前は、お寿司屋さん=高額という印象がとてもネックになってしま って、気楽に食すことの出来るごはんではなかったのが事実です。今のように本当に手軽にサラリーマンの お昼でも食べられるもの、といったことはなかったのです。

大変な業界でもあります

お刺身を使用したお寿司は、お子さんに好まれる卵や、海苔巻きも、全品、100円とか、90円とか、リーズナブルにしている店舗も存在します。こうなってくると、経営が心配だと、考える方もいると思います。リーズナブルな事はいい事なのですが、ここまで安いと口に運びながら不安になりますよね。 「ここまで安くして平気かな?」このように感じている人は多いと思います。

この問題ですが、回転寿司は、楽をして利益を出している職業ではないのです。多くの人が知っているように、お寿司の魚は生き物がほとんどなので、売り切れないと、廃棄となります。仕入れでたんまりと購入することにより、それがレーンにあげられないときは、赤字となってしまいます。

平均しても45パーセント
寿司を食べる夫婦

そして、お客さんが大勢、来ることを予想して、お寿司を握って流している時は、食べてもらえなければ、最終的に廃棄処分となります。このような調整や管理にとても頭を抱えているところだといえるでしょう。リーズナブルにできる点は、店舗、店舗により異なってきます。

例を挙げれば、水産会社が、回転寿司を営業しているとするならば、仕入れるより鮮度が高 いものを経済的に仕入れることが可能となります。そして、有名な系列 店であれば、様々な場所の仕入れを大量に取り扱うことが可能となるので、経済的に手に入 ります。更に、海外からネタを手に入れ、安く出すという方法も使用されているか もしれません。回転寿司を経営し、どれほど稼げるのかは、店舗の原価率も関係してきて 、平均しても45パーセントほどとなります。逆に考えると、出ている寿司ネタの値段を見て、 そのネタが原価がどれくらいか、というのがこれを知っていればわかるのです。ただし季節限定物や サービス品などは変わってきますので、その場合は別になります。そのような商品は値段や他に 食べている人をみるのもよいです。このポイントは寿司屋さんの方針にもよります。それぞれのすし屋さんで 見比べてみるとわかりやすいですよ。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識