様々なシーンで活躍するお寿司の種類

サイトマップ

トップバナー

種類その3

お土産などに使われるお寿司

そもそもバッテラ寿司は、関西寿司なのですが、現在は全国的に目にすることが可能となり、回転寿司でも押し寿司を使用する店もあります。バッテラは、そもそも、ポルトガル語で、意味は小船ということのようです。押し寿司が小船にそっくりという理由から名づけられたようです。似たようなお寿司で、鯖寿司というものも存在します。

バッテラ寿司と作り方は煮てますが、型に埋めるのではなく、巻きすで作り、竹の葉で包むという違いが存在します。鱒の寿司は、知っている人も思いですが、竹で作成した器に、酢飯を押しこみ、鱒を並べたのち、押し寿司のように調理します。保存が以外と長く効くので、お土産などに使われ、数日経っても美味しく味わえるでしょう。

家庭料理

多くの人がよく知っているちらし寿司は、お店で食すというよりも、家庭料理と変化していますしね。 お祝いなどの席でも目にすることが出来ますし、見た目も色鮮やかで綺麗なお寿司だと思います。 寿司ご飯の上に、様々な具材を散らして調理するので、「ちらし寿司」と名前がつけられているようです。何を乗せるかは、家庭によって変化してくるので、地方により特色が出るお寿司とも言えますね。

通常は好きなものを乗せれば良いので、お子さんが食すか、大人が食すかにより、変化してくるので、家庭によりけりで使うものも変化してきますよね。材料をバラバラにせずに、お刺身のまま乗せた状態なのが海鮮丼となります。そして、見た目もお寿司とは似ても似つきませんが、寿司屋に入店すると、海鮮丼は、大体オーダーが可能とになっていますよね。更に、回転寿司での注文が可能なところも存在します。

運動会などの行事弁当にも

巻き寿司

何を使うかにより、名前も変化します。例を挙げれば、鉄火丼、ネギトロ丼、いくら丼があり、見た目も華やかなものとなるでしょう。寿司もいいですが、時にはこういった丼ものを寿司屋で口にするのもよいと思います。ご飯時に格安な海鮮丼をリーズナブルに提供している寿司屋も存在します。そうして、お子さんたちが好物な寿司と言えば、いなり寿司だと思います。

それは、通称、「おいなりさん」だと思います。これには、稲荷神社で祭られている、キツネさまの大好物、油揚げを煮て、酢飯を詰めたものとなります。家庭でも調理する人が最近増えてきてますし、運動会などの行事弁当に調理しますよね。そして、いなり寿司は、リーズナブルで美味しいので、回転寿司でも変わらず人気があるはずです。

寿司はヘルシーな食べ物

普通の酢飯のみではなく、しいたけを使用したり、他の材料を入れたり、炊き込みご飯を使ったおいなりさんも存在します。家いより、代々、受け継がれてきたおいなりさんもあり、地方によっても変化するようです。こういったようにお寿司について、様々なものを書いてきましたが、どのお寿司が一番、好みでしょうか?

寿司はヘルシーな食べ物で、お魚を積極的に口にすることは健康にもとても効果的です。日本人が誕 生させた料理、寿司は、今や世界的にも知名度の高い料理となり、海外でも寿司屋への注目が上がっているようです。回転寿司とい う新文化も、日本人が誕生させた世界に通じる食文化なので、これからも進化を遂げるはずです。新しいものを使用したりと、さらな る新しい寿司が生み出されることも楽しみの一つです。海外でも人気になり、更に幅が広がっているので先が楽しみと言えます。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識