豊富な種類の材料を使用する

サイトマップ

トップバナー

種類その2

海苔巻き

海苔巻きは、一口サイズに切ってありますので、弁当などにもぴったりのサイドメニューとなっており、大人気の寿司でしょう。回転寿司でも色々な材料を使った海苔巻きが流れているので、ウキウキですよね。そして、海苔を内側にして巻く裏巻きと名前がついているまき寿司も存在します。 海外の方ようにオリジナリティーあふれるカルフォルニア巻きなども有名なものですね。

そうして、巻き寿司が大きくなったものが、太巻き寿司となります。海苔巻きの中に、様々な色どり鮮やかな材料を使用、大きく太く巻く海苔巻きのことです。桜でんぶのピンクや、卵焼きの黄色などが、とても綺麗なので、切り口が綺麗に仕上がることでも有名ですね。

中巻き寿司

太巻きは、ネタを巻き込む際に乗せる位置を調整することによって、人の顔になったり、お花の形になったり、具材の位置などを調整することで、切断面に図柄を表すことができます。これの、名前は、「飾り寿司」という名前が付けられています。県により作られている太巻きは、その地特有のお寿司が存在するので、それを町おこしに使用する県なども最近では出てきましたね。

回転寿司では、太巻きはあまり目にしませんが、家庭料理で作る人がいると思います。そうして、太巻き寿司に対し、中巻き寿司というものも存在します。これは、海産物を巻いた海苔巻きのことを指します。太巻きより少し細身なので、中巻き寿司という名前が付けられたのでしょう。 恵方巻きや、回転寿司に登場するサラダ巻きとしても名前が知られています。そうして、細巻き寿司も存在します。寿司屋などで目にする海苔巻きは、細巻き寿司となります。

カッパ巻き、かんぴょう巻き

かっぱ巻き

材料を単品で巻いたもので、多く知られているのは、カッパ巻き、かんぴょう巻きが有名となります。 そうして、ネギトロ巻きや納豆巻きも、とても美味ですね。様々な材料で楽しめるところが素敵だし、材料によってはとてもリーズナブルに作れるところも素敵です。回転寿司に様々な巻物が存在するのも楽しみのひとつとなってますね。

そうして、自分で巻くタイプが手巻き寿司となります。自宅でご飯として定番となっている、手巻き寿司は、好きなものを自分で巻いて食べるという素晴らしいものへとなります。巻くことがとても楽しいので、お子さんへの人気も高いお寿司でしょう。回転寿司でも、出しているし、スーパーやコンビニで購入可能となったので、簡単に食すことの出来るネタとして注目を浴びています。

 おやつ感覚で口に運べる

食事の時だけじゃなくて、小腹がすいた時にも、おやつ感覚で口に運べるのでとてもいいです。次に、お土産などとして有名なのが押し寿司となります。酢飯を握るお寿司が豊富ななか、これは、型にご飯を入れて材料と一緒に押し込む寿司です。押し寿司とひとくくりにしても、その作りや材料によっては、様々な種類に分けることが可能です。

ひとつずつ作る江戸前の握り寿司とは違い、大きく押し寿司を作り切り分けて食すという、寿司にしてはニ ュータイプとなっています。押し寿司の中でも、バッテラ寿司だと、沢山の人が知っていると思います。サバと白板昆布で作 成する寿司だけど、よくお土産として売られているので、駅弁としてもご飯にする人が増えています。個人でもできる寿司というのは 非常に助かりますよね。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識