マナーを守れば全員が気分を害さず食事が出来る

サイトマップ

トップバナー

マナーその3

〆は味の濃いもので終わる

符牒をご存知の人は自慢したい気持ちがあるでしょうし、寿司屋で使用したくなる単語だけど、客は使用してはなりません。なので、ルールとしては、「ガリ下さい」ではなく、「ショウガ下さい」というのがベストです。そして、寿司屋でどのネタを食すのか、その順番にもルールが存在します。 寿司好きの人は知ってる通り、淡白な白身から開始して、〆は、味の濃いもので終わる、というのが基本です。

勿論、これらはきちんと意味が存在し、味の濃いアナゴは、最後にしないと、それを食べた後に淡白な白身魚へと味が移るからです。だけど、これをご覧の人の中には、白身の魚の寿司が得意じゃない人もいるし、鯖など青い魚が苦手な人もいることでしょう。そのような時は、このルールを守る必要はないでしょう。

強い匂いの香水はNG

可能なら、薄い味から濃い味への手順を守ってもらえれば、より美味しく食せますが、根本的には食べたい順番で好みでオーダーするのがベストです。味の濃いネタを口にしたあとは、お茶やショウガで、口直しをしてしておくのも一つの方法かもしれませんね。それは、美味しく味わうためにもなり、良い寿司を出してくれている職人も、味がわからないお客に食して欲しいとは思いません。

そして、回転寿司は好みなネタを、沢山食べる方が多いので、順番のルールに従う人は少ないですよね。更に、回転寿司や、寿司屋以外にも、飲食店では一緒のルールですが、女性の香水で強いものをつけての入店は絶対にダメです。

香り

香水

寿司屋ではネタの香りも味の秘訣になってくるので、強い香りの香水をつけてると、とても迷惑となってしまいます。香水じゃなくても、中には化粧品で強い匂いのものも存在しますよね。そのような方が入店しただけで、鼻につくような香水は、食事を美味しく食べたい人にとって、かなり迷惑で、注意の仕様がないのも苦痛です。

なので、自分で気に掛けるしか方法がないので、そのようなものを既に使用しているときは、寿司屋への入店は控えましょう。そして、最初から寿司屋に入店することが決定しているのならば、香りの強い化粧品などの使用はやめましょう。外国製品のファンデーションなど、香水ではなくてもきつい香りをのものがあるのも事実です。

相手の気持ちになって行動する

更に、一緒に食事をする男性や、女性の友達もこのようなルールを気にする必要があります。高級レストランなど、席が他の人と離れて設置されているところは良いでしょうが、狭い店に強い香りの香水を使用した女性を入店させないように、プランナーの人も守ってほしいです。現在は若い男性のコロンの香りもきついものとなっていきました。

人により強く鼻をつくようなコロンを使用している場合もあり、回転寿司では若い人が多くいるので、現在では、 あまり良いものではありません。どの店であっても、ご飯を食べるのにきつい香水は必要ないでしょう。回転寿司 や、寿司屋での様々なルールについて書いていきましたが、難しいことはなく、いつも相 手の気持ちになって行動することがルールとなります。自分が隣にいたら嫌だな、という人のすることを 自分がやらなければよいのです。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識