素晴らしいひらめきが隠されたお寿司の種類について

サイトマップ

トップバナー

お寿司の種類その1

寿司ネタの幅が広く

あなた方は、年間、どれほどのお寿司を食しているでしょうか?日本の代表的な料理とも言える、寿司なので、日本人なら誰しもが好物な食事だと思います。そうして、お寿司は、魚をよりも美味しく食せる最高の食事方法でもあります。理由ともなった、昔のお寿司は、魚やご飯を腐らせないようにするための方法ですが、今は美味しく魚を食すための方法となってきています。

現在は、米の国でもある日本だし、お魚も美味しいので、両方を組み合わせたお寿司は最強の組み合わせと言っても過言ではないでしょう。そうして、現在の回転寿司が誕生してから、寿司のネタもすごく幅が沢山増えました。現代、いろいろな種類のネタがあるので、回転寿司に流れているとびっくりするような寿司も流れていますよね。

握りのイメージ

寿司は今や、創作料理ともなりつつあるので、様々な食材との組み合わせが楽しめるようになっていきました。大人から子供まで、更に、日本人だけではなく外国の人々にも、沢山の人に愛される寿司の種類について書いていきたいと思います。最初は、江戸前寿司と名前がつけられている、握り寿司についてです。

寿司の代表的存在で、お寿司と言えば、やっぱり握りへのイ メージが高いでしょう。知っているように、酢飯を握って、わさびを塗り 、その上には、魚などのネタを乗せ、握るお寿司のことです。握り寿司は、驚く ことに江戸時代に誕生していたということがわかっています。どうして、 江戸前寿司という名前がついたのかと言いますと、江戸前の海の幸を使用 することからこの名前が付けられました。その当時はにぎり寿司ではなく、バッテラの ような箱で押してある寿司だったと言われています。

握りと軍艦巻き

にぎり寿司盛り合わせ

寿司と言えば、江戸前寿司が想像されるように、握りが一番、認知度の高いものになります。そうして、次に来るお寿司が、知ってる人が多いであろう、軍艦巻きです。軍艦巻きは、お子さんにも大人気だと思います。軍艦巻きは、切り身などではない食材で、形の揃わない、握るには困難なものを、のりで巻いてご飯の上に乗せるネタのことです。

軍艦巻きが一番、握りやすい

崩れてしまいそうなものには、軍艦巻きが一番、握りやすいでしょう。軍艦巻きが誕生したことにより、江戸前寿司では寿司として使用できなかったものも、このやり方で寿司にすることが可能となったので、素晴らしいひらめきですね。回転寿司に入店すると、色々な軍艦巻きが流れていて、その上の材料も、ハンバーグや天婦羅など、実に意外性のある材料が増えてきました。

軍艦巻きのいくらとうに

見た目も華やかだし、マヨネーズを使用したものなど、お子様へ向けたネタが豊富なので、回転寿司の軍艦巻きは人気が出ています。そして、忘れてはならないものが海苔巻きとなります。シンプルで素敵なネタも存在し、比べてみても、食べる機会が多いネタとなっているでしょう。寿司と言えば、海苔巻きが好物という人も多くいると思います。

回転寿司でも人気のネタなので、値段も材料によっては、庶民的であり、手に取りやすいので、弁当としても大切にされてます。海苔巻きは、名前の通り、一枚海苔の上に酢飯を敷き詰め、真ん中に材料を乗せて巻いていきます。材料は海産物のほかに何でも使用可能なとこが素敵です。 基本的には、きゅうりや、タクアンなども使用されますし、納豆まきなどのメニューも存在します。 このような安いネタを弁当のおかずとして入れてもよいかもしれませんね。お持ち帰りで余ったネタを弁当のおかずとして使うのも よいアイデアです。足が早いものなどの選別やネタがカピカピにならないようにする工夫は必要ですが、それさえできていれば、朝の時間を節約できます。

回転寿司屋さんが安い理由の基礎知識